My Life is

日々の暮らし。2008年に発症した乳癌を食事療法で克服するという体験は人生の転機となりました。
 


 

Castle In The Air

ギタリスト・渡辺香津美と結成したユニット。いわゆるJAZZのイディオムとは一線画したアプローチによる、新感覚インストゥルメンタルです。
 


 

Koko et Kaoli

クラシックギター界のプリンセス・村治佳織といくつかのコラボーレーションを経て、お互いの音楽、感性、祈りに共鳴し、新ユニットが誕生しました。
 


 

Pieces to buy

オリジナル音源・ピアノ楽譜・楽曲アレンジ譜面など、ご購入頂けます。お気に入りがあればぜひ。
 

Information

独自の世界観で映像的な音楽を綴る作曲家・ピアニスト、谷川公子による初めてのピアノソロ作品集!

グラシムレコーズ第1弾作品
 

はじめてのピアノレッスン/谷川公子 ソロピアノ作品集

01: First Piano Lesson はじめてのピアノレッスン/02: Autumn Sonata 秋のソナタ/03: The Stars of Earth 地上の星/04: Mother Land マザー・ランド/05: Arcadia はるかなる理想郷/06: Barcarolle 砂の舟唄/07: Gitana 都市のヒターナ/08: Afterglow 緋色の夢/09: Mission St. Xavier ミッション・サン・ザビエル/10: Requiem レクイエム/11: Ueo Muite Arukou 上を向いて歩こう/12: L’aube 夜明け/13: Heaven 光の足音
All songs written by Koko Tanikawa except for M-11 by Hachidai Nakamura and M-12 by Takashi Kako.
GRACIM RECORDS HLTP-1001 (¥2,500+税)
ご購入はこちらから
詳しくはこちら
スペシャルPVはこちら


『こどもしょくどう』3月23日(土) 岩波ホールほか全国順次ロードショー決定!

監督:日向寺太郎
音楽:Castle in the Air [谷川公子+渡辺香津美] 
 

”子ども食堂”が必要とされる現代社会を子どもの視点から描いた物語。谷川公子が主題歌を手がけ、Castle in the Air が全編の音楽を担当しました。

豊かに見える今の日本社会のひずみを受け、満足な食事をとることのできない子ども達の姿を、同じ子どもの視点から描いた映画『こどもしょくどう』の劇場公開が決定しました。『火垂るの墓』で戦禍の中精一杯生きる兄妹と向き合った日向寺太郎監督と、2014年『百円の恋』(武正晴監督)で日本アカデミー賞最優秀脚本賞受賞した足立紳の脚本で、弱者に不寛容な現代社会であっても、子どもの純粋な気持ちは、社会を変えていくことができるかもしれないという希望が見える作品になりました。また、ダブル主演の藤本哉汰、鈴木梨央らの瑞々しい姿、食堂を営むユウトの両親を演じる吉岡秀隆と常盤貴子の温かい眼差しが心を打ちます。谷川公子が作曲を手掛けた主題歌には、歌人・俵万智さんが作詞で参加することが決定しました。
(C)2018「こどもしょくどう」製作委員会
『こどもしょくどう』オフィシャルサイト


Photo By Instagram